連盟について

  1. TOP>
  2. 連盟について>
  3. 会長からの挨拶

会長からの挨拶

「大学日本一」の栄冠を関西六大学野球連盟のもとに!

コロナ禍の影響が続く中、春季リーグ戦に続き、こうして秋季リーグ戦の開幕を迎えることができましたことを、連盟を代表し心からお慶び申し上げます。

また、開幕にあたり、ひとかたならぬご尽力をいただきました関係各位の皆様に、厚くお礼申し上げます。

先のリーグ戦は、「心技体」の戦いでもあり、新型コロナウィルスとの戦いでもありました。そのような苦境ではありましたが、選手の皆さんは、仲間たちと正々堂々と戦える喜びを噛みしめることができたのではないでしょうか。

春季リーグ戦においては、大阪商業大学が完全優勝で2季ぶり22回目の優勝を飾り、第71回全日本大学野球選手権大会に出場、3試合目の対東日本国際大学戦において、粘りの野球で9回に1点差まで猛追するも惜敗し、ベスト8という戦績を収めました。

関西六大学野球らしい、最後まで決して諦めない素晴らしいプレーを見せてくれた大商大ナインに、心から敬意を表します。

今回のリーグ戦では、どのチームが大商大の連覇を阻むのか、また、全日本大学野球選手権大会での悔しさを原動力に練習に励んできた大商大が、ライバルたちとどのような熱戦を繰り広げるのか、手に汗握る攻防に大いに期待が高まります。

秋季リーグ戦を通して、各チームが「六魂球心」の精神に基づく全力野球を展開し、明治神宮大会における「大学日本一」の栄冠を、この関西六大学野球連盟のもとに奪還されんことを連盟関係者一同、期待しています。

最後になりましたが、関西六大学野球ファンの皆様をはじめ、リーグ戦開幕にあたり、惜しみないご協力をいただきました報道関係者、連盟および球場関係者ならびに各大学関係者の皆様に心より感謝申し上げますとともに、引き続き変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

関西六大学野球連盟会長 白井 元康