連盟について

  1. TOP>
  2. 連盟について>
  3. 会長からの挨拶

会長からの挨拶

関西六大学野球連盟会長・
龍谷大学学長

入澤 崇

2017年秋季リーグ

 

「熱戦を期待!!」

 

 秋季リーグが開幕します。春季リーグでは、混戦の中、最終節までもつれ込んだ末に大阪商業大学が優勝しました。大阪商業大学は春秋連覇、残る5校は春の雪辱を果たすため、チームとしての更なるレベルアップを目指し、選手各人はそれぞれの課題に向き合い、暑い夏の厳しい練習を超え、この舞台に立っていることと思います。

 夏は、全国高校野球選手権大会も開催され、野球熱が高まる時期でもあります。その熱さをこの関西六大学野球秋季リーグにも継続し、最後まで諦めず力の限りプレーする、多くの「関六ファン」を魅了する熱戦が繰り広げられることを期待しています。

 さて、みなさまもご存じの通り、関西六大学野球の春・秋リーグにおいて連盟歌「六魂球心 響けよ!この声・・・」が流されています。この中で、「新しい世界を僕たちの手で創るんだ」という歌詞があります。選手のみなさんは、大学野球の選手であります。野球人として、大学生として、これからの未来を創っていくのです。これまで以上に未来が予測できないと言われる昨今、選手の皆さんは、大学で学ぶ豊かな教養を基に、目の前の課題に主体的に取り組み、環境に柔軟に対応し、たくましく生きていかねばなりません。大学野球で自らに真摯に向き合い、ひたむきに努力した経験は、必ずやみなさんの未来の糧になることでしょう。

 最後になりましたが、報道関係者、球場関係者、連盟関係者、審判委員の皆さま、並びに各大学の関係者の皆さまの平素からのご協力に、心より感謝いたしますと共に、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。